HOMEBACK
  信州の渓
  2021/08/06〜07


  平澤、斉田、高野




Text & Photo   : 高野

7月の3連休に朝日連峰の原生林を流れる渓を堪能した私は、今度は信州の渓へとイワナ釣りに出かけた。
朝日の渓は今頃はメジロアブの天下だが、この源流はそんな鬱陶しい奴などおらず、夏空の下を爽やかな風が吹き抜けていた。
しんどい杣道を伝い山を越えて渓へと降り立つ。
テンバを設営して3人は釣りに出かけた。

青空が広がり白い雲がたなびく。
8月に入って木々の緑も色濃くなった。



























杣道を行く。
時おり吹き抜ける風が涼しかった。

尾根まであと少し。

タープを張ったら早速釣りに出かける。

竿を出したとたんに元気な夏岩魚が。
オレンジの斑点が美しい岩魚だ。
良型!
平澤さんも竿を出す。
落差のある山岳渓流の渓相だ。
























  今度は平澤さんが釣り上げた。

オレンジが濃い。
そして斉田さんにも。
このイワナも美しい魚体。

スローシャッターで。
次々と釣れる夏岩魚。
信州の清らかな流れ。
そして青い空。
大物いるかな。
いた!
最高の天気。
ダイナミックな流れが続く。

ここで納竿。



大岩ゴロゴロ。
餌竿に毛鉤を付けて。

尺イワナをゲット!

狙ったポイントからは次々釣れる。

締めは34cm!!
また会おう。

 HOMEBACK